会名サブロゴ

市民グループとの連携

平和といのちと人権を守ることを基本に活動する市民グループと連携します。

「戦争をする国」を許さない東大和の会

連絡先 ・大島:080-3382-1804  ・築山:042-565-8386
・三矢:042-562-1846   ・渡辺:042-564-9337

「戦争をする国」を許さない東大和の会は、2015年5月28日に発足しました。


 会は”平和憲法をまもり、「戦争をする国」にさせないことを呼びかけます”というアピールを行い、賛同を呼びかける運動を始めました。 5月28日の発足集会時で、呼びかけ人は206人に達しました。 7月4日(土)には、「戦争法案」の廃案を求めて、「市民パレード」を行いました。 平和広場で集会を行い、その後市内をパレードしました。 雨の中にもかかわらず、250人の多くの市民が集りまし た。 8月23日(日)には、向原市民センターで「市民集会」を行いました。 「戦争法案と憲法」(講師:只野雅人・一橋大学教授)と題する講演があり、75人の参加がありました。 「平和憲法をまもり、「戦争をする国」にさせないアピール」は、 5月28日から10月15日までの間に、2317人という多くの賛同者を集めることが出来ました。アピール賛同呼びかけ運動は、東大和市民の意思を内外に示す大きな力となりました。ご協力ありがとうございました。

 会の活動を知ってもらうために、会報「平和のバトン」を作成し、市内各所で配布を行なっています。「平和のバトン」は既に7号を数えています。 第6号は、会アピールの賛同者の内で、氏名公表可の1602人の全員の名前が色刷りされています。市内全体に向けて三万枚が配布されました。 また、戦争法の強行採決を受けて、本会は「戦争法廃止の輪をさらに」と題する抗議声明を10月15日、出しました。「平和のバトン」第6号に掲載されています。ご覧下さい。

 いま、「戦争法の廃止を求める 2000万人統一署名」の協力を「総がかり行動実行委員会」が全国に呼びかけています。呼応して当会も「2000万人署名」の取り組みを始めています。 これまで、約10名の事務局員で運営してきていますが、人手と資金は常に不足しています。戦争法廃止に向けた署名運動を成功させるため、あなたの力を貸してください。

平和のバトン  見たい号数をクリックして下さい
PDF形式で提供しています

発行日 号数 主な記事
2016年 1月19日 第7号 安保法制(戦争法)の廃止で・憲法が輝く希望の年に  立憲主義取り戻そう/市民集会
   2000万人署名・平和守るサインをいま  声を上げ続けよう
2015年10月20日 第6号 みんなの力で戦争法廃止へ  アピール賛同署名 2,317人に
   10.15 抗議声明・戦争法廃止の輪をさらに
2015年 9月 9日 第5号 12万人が国会を包囲  賛同2100人超えました  力あわせ”廃案、廃案”
   講演と署名集約の集いに75人   SEALDs・戦後70年宣言文
2015年 8月23日 第4号 戦争法案 私も反対・賛同1312筆に
  若者を戦場に送るな! 思い一つに 雨のなか250人
2015年 8月 1日 第3号 戦争法案は必ず廃案に
  「私も同じ思い」 569人が賛同署名
2015年 7月16日 第2号 「戦争する国」にさせてたまるか  東大和市民パレード・雨のなか250人
  会アピール・賛同者477人に  「アベ政治を許さない」ポスター掲げよう
2015年 6月24日 第1号 語り継ぐ戦争・平和のバトン  7・4若き人を戦場に送るな東大和市民パレード
  おばあちゃんからのお願い  なかにし礼さんの詩を紹介します

★会の運営は市民からの募金によって支えられています★

募金の振込先
■ゆうちょ銀行からの場合: ゆうちょ銀行・総合口座(ぱるる) 口座記号/記号・10140 番号・48134051
口座名称・大島 元敏(オオシマ モトトシ)
■他の金融機関からの場合: 銀行名・ゆうちょ銀行  店名・〇一八(読み・ゼロイチハチ)  店番・018      
 預金種目・普通  口座番号・48134051  カナ氏名(受取人名)オオシマ モトトシ

東大和・戦災変電所を保存する会

連絡先:会長・小須田 廣利  電話:042-562-5425 

 東大和・戦災変電所を保存する会は、2015年6月28日に発足しました。


 会は、東大和市の指定文化財で全国的にも極めて貴重な「旧日立航空機株式会社変電所」を、平和のシンボルとして、保存・活用することを目指しています。 8月8日、東大和市立中央公民館ホールにて発足市民集会を開催し、80名の参加がありました。発足を記念して、 「戦災変電所の歴史的経過と価値」と題する講演(講師:東大和市立郷土博物館・後藤祥夫氏)がありました。
 2016年 2月17日(水)、東大和市立郷土博物館・学習室で、講演集会を開催しました。「東大和の空襲体験と変電所保存に至る都庁裏話・・・」と題する講演 (講師:元東京都立大学事務局長/東大和市元教育委員会委員長・大塚昶之助氏〉がありました。

  

会報/ 「Message」(メッセージ)を発行しています。
PDF形式で提供しています。

発行日 号数 主な記事
2015年11月15日 第3号 戦災変電所が問いかける意味とは/東大和の戦争体験記録ビデオが完成
2015年10月 1日 第2号 発足市民集会・八〇名の市民が参加/市長も歓迎の挨拶  記念講演
2015年 7月 1日 第1号 戦災変電所を保存する会発足  変電所の変遷  8.8発足市民集会・ご案内 



上へ戻る

東大和9条の会